学生と社会人とで異なる会社訪問の方法!

就職活動中の学生は、希望する会社の社員たちが実際にどの様な仕事をしているのかを知りたいと思うことでしょう。
そのため、本格的な就職活動を行う前に、企業研究や業界研究にもつながるOBやOG訪問をしてみることをおすすめします。

OB訪問は、全国的に実施されている事が多く、就職活動の面接の際にも自身をアピールするのに役立ちます。
OBを探す方法としては、まずは大学の先輩やサークルの先輩を探すのが最もメジャーな手法と言われています。
同じ大学やサークルのOBなら、後輩の会社訪問を快く承諾してくれるケースが多く、打ち解けた雰囲気の中でより詳しい情報を知ることができるでしょう。

しかし、大学の先輩やサークルの先輩が見つからない場合は、実際にSNSを活用して探す方法も近年人気となっています。
社会人向けのSNSなどを活用し、関心のある企業に勤務している人へ直接連絡をし、「一度話を聞かせてもらえないか」とコンタクトを取るのです。
最初は驚かれるかもしれませんが、きちんと目的を伝え、自身の自己紹介をした上で依頼してみると良いのではないでしょうか?

しかし、社会人が転職を行う場合は、学生の就活とは異なります。
上記の方法はあくまで学生向きなので、社会人が職場見学を行う場合は転職サイトや転職エージェントの活用を推奨します。
転職に特化したサイトを利用すれば、キャリアや要望に応じた仕事探しができますし、職場見学が可能であればその段取りもアシストしてくれます。
学生と社会人とでは仕事探しの方法が大きく異なりますので、活動時にはその違いを理解しておきましょう。