インターンシップは学生の特権!

日本の新卒者の就職活動のスタイルは、ある程度決まった時期に企業が採用活動を始めるため、学生も短期間で企業の選考を進める必要があります。
そんな中、実際の選考を行う前にインターンシップを実施する企業が増えており、学生に企業を知ってもらい、仕事の詳細を体験してもらう事で、入社後のミスマッチを防ぐという活動も盛んに行われています。

ここでは社会人の転職活動とは大きく異なるインターンシップについて、注目してみましょう。
インターンシップは、各企業ごとに募集人員は異なり、少人数からまとまった人数まで、実施規模は様々です。
将来働いてみたいと思う企業がある学生は、ぜひインターンシップに応募し、実際に会社の雰囲気を体感してみると良いでしょう。

インターンシップを経験できれば、社会人の先輩に囲まれた中で、仕事とは何かを知り、その企業のビジネスを日々目の当たりにする事ができます。
この経験は学生の間だからこそできるものであり、将来のキャリアを決める際の判断材料にもなりえます。
企業によっては、長期的に社員をサポートする様な長期間の募集もありますので、リアルな職場体験ができるでしょう。
また、企業によって、インターンシップ期間中は無給か有給かも異なるため、応募の際には募集要項をしっかりと確認しておくことが欠かせません。
人気企業は応募者も多く、何度も面接が必要となる場合もありますが、複数企業へ応募したり、時期をずらしていくつかの企業で仕事を体験するのも良いのではないでしょうか?
将来の就職活動での履歴書にインターンシップの経歴は記載することができますので、面接官へアピールポイントとして活用もできますよ。

このような経験は就活を行う学生だけの特権であり、社会人の転職活動とは大きく異なります。
就職活動を行う学生は、このメリットを活かして、希望する企業への採用を目指しましょう!